育毛剤マニュアル

育毛剤の選び方

育毛剤はどのメーカー・販売元も派手な宣伝をしています。「どれにしようか」なんて考えていると、すぐに目に入るでしょう。

また、時々は、「新しい成分が開発されて、すごい効果があるらしい」なんて話題になるような商品もあります。

が、簡単に飛びつかないようにしましょう。「どれが効くか」なんて、その人の抜け毛の原因や体質で異なってきます。

ですから、育毛剤をみるときは、まずはどういったねらいの成分が配合されているのかをチェックしましょう。

まず、男性型脱毛症の改善を狙うものに多いのは、男性ホルモンの分泌を抑えるものです。

また、逃避環境の改善のためのものもあります。多すぎる皮脂を取り除いたり、毛根の周囲に詰まっている汚れを取り除いたりします。

あるいは、頭皮の血行をよくするもの。血液が十分の運ばれてこないと、毛乳頭などにも栄養が届かないのです。

実際にはこのうちのどれか一つということはなく、複数の効果が組み合わされているのが普通です。

もし、しばらく使い続けても変化がなくて、ほかの商品にするのならば、違う効果を狙ったものにした方がいいかもしれません。

また、どれくらい効果を発揮するかで、ちゃんと言葉が使い分けられています。

医薬品である「発毛剤」、医薬部外品の「育毛剤」、化粧品扱いの「養毛剤」です。これらはちゃんと法律でそう名乗る条件が決められています。

効果の高い順に、「発毛剤」「育毛剤」「養毛剤」です。が、副作用がでる可能性もこの順番で高くなります。

抜け毛に効く育毛剤とは

「頭の毛が薄くなってきた」なんてショックですよね。当然、老けて見えます。あるいは、ショボくれた雰囲気になる人もいれば、スケベそうに見えてしまう人もいるでしょう。

で、なんとか防ごうとあくせくし始める人も多いでしょう。で、まず考える対策としては、育毛剤でしょう。

すでにいくつか試したかもしれません。が、「これはよく効く」とか「あまり効果がなさそう」なんて結論はなかなか出せるものではありません。

というのは、効果が出るまでに時間がかかるのです。しかも、毎日使い続けなければなりません。はっきり言って、根気が必要です。

いちおうのメドとしては三か月ぐらいでしょうか。これでも「少し変化が出た」程度でしかないかもしれません。

判断に迷うところでしょう。「もう少し使い続けたら効果が出始めるかも」「ほかのを使っていても、これ以上の効果はなかったかも」……なんて迷い続けているかもしれません。

「どれを使うか」に関しては、当然口コミなどの情報も集めまわっているでしょう。

が、なかなか参考になるような情報も見つかりません。何よりも、他人に効いた育毛剤が自分にも効くとは限りません。また、他人には効かなくても、自分には効く可能性だってあります。

で、まずやるべきことは、自分の髪の毛が薄くなった原因の究明です。

薄毛になる理由には、生活習慣、食生活、ストレス、加齢などなど無数にあります。当然のことながら、それに応じた対策はあるでしょう。また、育毛剤を使うにしても、どの商品を選ぶべきかも変わってくるでしょう。

Copyright (c) 2014 育毛剤マニュアル All rights reserved.